企業情報

社長挨拶

信頼と安全・安心を、未来へ、世界へ。

代表取締役社長 松井 竹史

 テイカ製薬は、江戸時代からの薬種商の流れをくむ第一薬品化成と、丸薬の商品化を図った帝国水産加工研究所が合併し、1945 年に帝国化成として創業。以来、『我等は奉仕の精神に徹し、お客様と共に繁栄を期す』を社是に掲げ、研究開発に力を注いでまいりました。今日では点眼剤、軟膏剤、貼付剤、内服剤、液剤およびドリンク剤などの多様な製品を、医療用医薬品から一般用医薬品まで、自社製品および受託品として供給できる、幅広い製剤技術を保有する総合医薬品メーカーとして事業を展開しています。
 近年では、高薬理活性専用工場の設置をはじめ、「製剤技術開発」と「創薬研究」という2 つの機能を有する研究開発本部を設置することで、高度化する医薬品製造や受託品製造のニーズに対応するとともに、未だ治療満足度・薬剤貢献度の低い疾患領域における新薬の開発にも積極的に乗り出しています。また今後は、経営資源を外用剤領域に集中し、革新的で有用性の高い製品開発を行う「スペシャリティファーマ」として、お客様および患者様にとって価値ある医薬品の提供を行っていく考えです。
 こうした研究開発力および生産力の増強とともに、いまテイカ製薬が全社を挙げて進めているのが、PIC/S ガイドラインへの準拠の維持と社内水準の向上です。日本国内だけでなく、欧米各国、アジア諸国など広く世界に向けて製品を供給していくグローバルな総合医薬品メーカーを目指し、品質リスクマネジメントや安定性モニタリングなどの観点から全てのプロセスを見直しながら、さらなる進化を図っています。
 東京・大阪の営業所機能を拡大しました。今後とも国内と世界の人々に「信頼」と「安全・安心」をお届けしていく企業として、テイカ製薬はこれからも「優れた医薬品を世の中に提供する」という信条を大切に、たゆまぬ努力を続けてまいります。皆様の変わらぬご支援をよろしくお願い申し上げます。