沿革

昭和20年6月 第一薬品化成(株)と(株)帝国水産加工研究所の合併により帝国化成(株)を創立 資本金75万円
肝油糖衣錠「コンビター」を荒川長太郎合名会社より発売
昭和24年9月 胃腸・肝臓強化剤「タントーゼ錠」を藤沢薬品工業(株)より発売
昭和31年 ハッカゴム膏「テイカパス」を発売
昭和34年2月 ビタミンA配合「テイカ目薬」発売
昭和36年1月 資本金1,000万円とする
東京に子会社テイカ製薬(株)を創立し、医療用・薬局用分野へ進出
昭和41年12月 消炎鎮痛貼付剤「テイカパップ」を発売
昭和42年4月 貼付剤「フジパップ」を藤沢薬品工業(株)より発売
昭和43年12月 医療用貼付剤「ゲハール」を全国一斉発売
昭和49年5月 社名をテイカ製薬(株)に改称
昭和50年12月 資本金10,000万円とする
昭和54年3月 GMP対応の構造設備を整備
昭和58年4月 オフィスコンピューター導入
昭和58年5月 製造棟3(貼付剤工場)増設
昭和62年5月 点眼剤「タナベ目薬ソフト」を田辺製薬(株)より発売
昭和62年7月 販売部門を分離し、子会社テイカ薬品(株)を創立
昭和63年6月 医療用貼付剤「イドメシンコーワパップ」を興和新薬(株)より発売
平成2年3月 製造棟5(医療用貼付剤専用工場)完成
平成2年12月 製造棟6(軟膏剤専用工場)完成
平成3年12月 医療用褥瘡治療剤「ソアナースパスタ」を発売
平成4年6月 医療用貼付剤「アコニップ」を発売
平成5年12月 新研究所完成
平成6年3月 工場建設用地(13,363 m2)購入
平成8年3月 製造棟7(点眼剤工場)完成
平成8年4月 テイカ薬品株式会社を吸収合併
平成9年8月 医療用温感貼付剤「ラクティオンパップ」を発売
平成9年10月 一般用貼付剤「バンテリンコーワパップ」を興和(株)より発売
社内LANのTSNETを構築
平成10年12月 物流センター完成
平成11年8月 医療用緑内障・高眼圧症治療点眼剤「ニプラノール点眼液」を発売
平成11年12月 倉庫7完成
平成12年6月 製造棟7に軟膏剤設備増設
平成12年7月 工場用地(5,800.72 m2)購入
医療用角膜治療剤「アイケア0.1」を発売
平成13年7月 製造棟7に世界初の点眼剤製造ロボット、点眼液充填設備を設置
平成14年3月 製造棟5,7 増設
平成14年10月 GxP管理棟完成
「ISO14001」認証取得
平成15年8月 製造棟7に点眼剤ロボット包装ラインが完成し、点眼剤のロボット一貫生産体制が整う
平成16年4月 子会社 人材派遣会社「テイカファーマ株式会社」を創立
平成17年2月 製造棟8(高薬理活性物質専門軟膏工場)完成
平成22年3月 子会社 第一薬品株式会社を吸収合併
平成24年2月 製造棟10(貼付剤工場)完成
平成25年9月 製造棟7,8(点眼剤、軟膏剤)生産設備増設
平成26年2月 倉庫8 完成
平成27年5月 品質管理棟2 完成

≫会社概要 ≫アクセス